Xen

Debian で Xen 4.1 を

パッケージで入れられてしめしめとか思ってたら、何か依存関係でも壊したのか、起動しないゲストがあったでござる。ということで、バニラな方法で入れ直す。元ネタは昨日と同じでこちら → Xen 4.1 from source with Debian Squeeze 2.6.32-5-xen-amd64 dom0 (test) Xen.org からソースを取ってきます。現時点での最新版は、4.1.2。 wget http://bits.xensource.com/oss-xen/release/4.1.2/xen-4.1.2.tar.gz ビルドに必要なパッケージをインストールします。/etc/apt/source.list に以下の行を追加して、 deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ sid main</code> 以下を実行。 apt-get build-dep xen apt-get build-dep xen-utils-common build-dep で入らないパッケージを追加で入れます。 apt-get install libx11-dev libssl-dev python2.6-dev で、おもむろにビルド make xen make tools make stubdom エラーがなければインストール。 make install-xen make install-tools PYTHON_PREFIX_ARG= make install-stubdom Domain 0 に必要なサービスデーモンの起動設定を忘れずに。 update-rc.d xencommons defaults update-rc.d xendomains defaults 4.0 までと互換性のある、xm ツールセットを使う場合は、xend も起動するようにしておきます。 update-rc.d xend defaults ひとまず以上で、Xen が起動するはずです。再起動して確認しましょう。 xl list 次のように、Domain-0 がリストされない場合、たいていは GRUB の設定ミスです。 Name ID Mem VCPUs State Time(s)
Read more

Debian Squeeze に Xen 4.1 を入れる

XenServer 6.0 の基盤になってたり、他のディストリがこぞって採用してるのが、Xen 4.1 なのですが、時期の関係で、Squeeze には、4.0 が収録されています。何か中途半端。sid にはパッケージがありますので、そっからソースを取ってきて(さすがにバイナリは持ってきても動かないので)、ビルドする方法を見つけましたので、備忘録がてら。 元ネタはこちら → Xen 4.1 from source with Debian Squeeze 2.6.32-5-xen-amd64 dom0 (test) まずは、source.list に1行追加。 deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ sid main squeeze や wheezy の行があれば、コメントアウトしておきます。 で、おもむろに、ビルド…する前に、パッケージをひとつ追加しておきます。ないとコンパイルがエラーになるので。 apt-get install ipxe-qemu PXEブートに使うファームのQEMU用ROMイメージなんですが、なぜか Xen をインストールしても、build-dep しても入りません。 まずはビルド環境を整えます。 apt-get update apt-get build-dep xen apt-get build-dep xen-utils-common Xen のソースと Debian パッチの取り寄せ、ビルドも apt-get で済むのが便利なところ。 cd /usr/src/ apt-get source xen -b apt-get source xen-utils-common -b エラーがなければパッケージができているので、dpkg でインストールすればおしまい。 dpkg -i *xen*deb