Virtual Private Server

Debian で Xen 4.1 を

パッケージで入れられてしめしめとか思ってたら、何か依存関係でも壊したのか、起動しないゲストがあったでござる。ということで、バニラな方法で入れ直す。元ネタは昨日と同じでこちら → Xen 4.1 from source with Debian Squeeze 2.6.32-5-xen-amd64 dom0 (test) Xen.org からソースを取ってきます。現時点での最新版は、4.1.2。 wget http://bits.xensource.com/oss-xen/release/4.1.2/xen-4.1.2.tar.gz ビルドに必要なパッケージをインストールします。/etc/apt/source.list に以下の行を追加して、 deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ sid main</code> 以下を実行。 apt-get build-dep xen apt-get build-dep xen-utils-common build-dep で入らないパッケージを追加で入れます。 apt-get install libx11-dev libssl-dev python2.6-dev で、おもむろにビルド make xen make tools make stubdom エラーがなければインストール。 make install-xen make install-tools PYTHON_PREFIX_ARG= make install-stubdom Domain 0 に必要なサービスデーモンの起動設定を忘れずに。 update-rc.d xencommons defaults update-rc.d xendomains defaults 4.0 までと互換性のある、xm ツールセットを使う場合は、xend も起動するようにしておきます。 update-rc.d xend defaults ひとまず以上で、Xen が起動するはずです。再起動して確認しましょう。 xl list 次のように、Domain-0 がリストされない場合、たいていは GRUB の設定ミスです。 Name ID Mem VCPUs State Time(s)
Read more

Debian Squeeze に Xen 4.1 を入れる

XenServer 6.0 の基盤になってたり、他のディストリがこぞって採用してるのが、Xen 4.1 なのですが、時期の関係で、Squeeze には、4.0 が収録されています。何か中途半端。sid にはパッケージがありますので、そっからソースを取ってきて(さすがにバイナリは持ってきても動かないので)、ビルドする方法を見つけましたので、備忘録がてら。 元ネタはこちら → Xen 4.1 from source with Debian Squeeze 2.6.32-5-xen-amd64 dom0 (test) まずは、source.list に1行追加。 deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ sid main squeeze や wheezy の行があれば、コメントアウトしておきます。 で、おもむろに、ビルド…する前に、パッケージをひとつ追加しておきます。ないとコンパイルがエラーになるので。 apt-get install ipxe-qemu PXEブートに使うファームのQEMU用ROMイメージなんですが、なぜか Xen をインストールしても、build-dep しても入りません。 まずはビルド環境を整えます。 apt-get update apt-get build-dep xen apt-get build-dep xen-utils-common Xen のソースと Debian パッチの取り寄せ、ビルドも apt-get で済むのが便利なところ。 cd /usr/src/ apt-get source xen -b apt-get source xen-utils-common -b エラーがなければパッケージができているので、dpkg でインストールすればおしまい。 dpkg -i *xen*deb

アメリカ西海岸のお勧め VPS

VPS をしかも海外のものを借りる人はあまりいないでしょうけど、現時点でお勧めプロバイダのまとめです。 プロバイダ 仮想化ソフト 特徴など ロケーション Linode Xen PV 鉄板中の鉄板です。 Fremont, CA 他 6Sync KVM Linode じゃなければどこ? という質問に必ず挙げられるプロバイダです。ここも鉄板と言ってよいでしょう。WHT でもすこぶる評判が良いところです。(2011/3/14 追加) Los Angeles, CA 他 prgmr Xen PV 転送量少なめですが、技術力があるプロバイダです。 San Jose, CA RapidXen Xen PV XenベースのVPSプロバイダとしては老舗ですね。転送量課金ではなく帯域幅で課金する点が他所と異なるところ。 Los Angeles, CA RapidKVM KVM RapidXen の運営会社が KVMベースで提供する VPS サービスです。価格が少々お高めになっています。 Los Angeles, CA ARP Networks KVM 提供される OS に FreeBSD があることが特徴です。価格面もお得感のある設定です。 Los Angeles, CA ClubUpTime Xen PV WebHostingTalk.
Read more

VPS ショートレビュー (1/2)

鯖の乗り換えでいくつか VPS を借りてみたので、その雑感などを。 Linode 評価: ☆☆☆☆☆ 2ch の VPS スレ や WebHostingTalk では鉄板とされています。契約からサーバーの設定、オプションの購入、OSのインストール、設定まですべてWeb管理画面から行うことができ、非常に簡単にサーバーを立てることができます。サーバー自体も非常に安定しています。落ちたとか、繋がらないなどということは噂すらありません。単にウェブサーバーやメールサーバーを立てるだけなら、さくらで専用サーバーを借りるよりここを借りた方が遙かに良いのではないでしょうか。 ここの特長は安定性と応答性の良さ以外にも、1. ディスクのパーティションをユーザが自由に配置できる。2. メモリも購入した範囲内であれば、増減可能。3. VPS のディスクイメージを他の VPS へ簡単にコピーすることが可能。と、他のプロバイダにはない点が挙げられます。 データセンターは、フレモント (アメリカ、カリフォルニア州) の他にアメリカ国内に三カ所、ロンドンに一カ所と合計五カ所あり、申し込んだ後に選択できます。今どこのデータセンターのどんなプランが空いてるのかは、Datacenter Availability ページで予めわかります。フレモントは大人気 (多分、アジアからの申し込みが集まるからだと思います) で、空きが出てもすぐ埋まってしまうのが悩ましいところですが。 私はここにウェブサイト (このブログも含みます) とメールサーバーを置いています。日本にサーバーを置いていた時と比べても特に気になる遅延はありません。SSH でのログインも快適です。 ロケーション レモント (アメリカ、カリフォルニア州)、ダラス (アメリカ、テキサス州)、アトランタ (アメリカ、ジョージア州)、ニューアーク (アメリカ、ニュージャージー州)、ロンドン (イギリス)。 仮想環境 Xen (HVM) コントロール パネル Linode 独自 Web コントロールパネル 対応OS Arch Linux 2009 02 (32/64), CentOS 5.3 (32/64), Debian 4.
Read more

サーバがお亡くなりに…

昨日、サーバが頓死してしまいました。原因は、RAID5で構成していたSCSIディスクが2基破損したためということで復旧もできず、急遽引っ越しを行うことに。 で、2chとか、WebHostingTalk.com を見て、取りあえず、Linode の VPS を契約してみました。なかなか快適です。もともとそんなにリソースを消費するサーバではなかったといいますか、無駄に専用サーバだったので私の用途には充分なサービスです。 それにしても、昔と違って今は随分安くて使い心地が良くなってますね。Linode は、Xen ベースの仮想サーバなんですが、一応、OpenVZ (Viruosso) のところもお試しはしてみたんですよ。何と言いますかもうダンピング状態だし。ですがまあ、ほとんどが安かろう悪かろうでして。Delimiter USA くらいですかね。試用した中でちゃんと使えそうなのって。 ともあれ、今からせっせと環境構築です。これが時間かかるんですよね。やむをえないこととはいえ、新年早々大変です。 あとから、San Jose にデータセンターがある、Take 2 Hosting という専用サーバプロバイダーを発見してちょっと早まったかなと思わないでもなかったり…ここ、何でこんなに安いんでしょうね。ぐずぐず決めかねているうちに売り切れてしまいました。^^l