OSX86

続々・雪豹で夢を見るコツ

SDMx86 が追加した kext を /Extra/Extensions へお引っ越し。したら、内蔵音源から音がしなくなった。orz ので、VoodooHDA.kext だけ、/System/Library/Extensions へ居残り。モジュールの依存関係が原因だと思われ。

続・雪豹で夢を見るコツ

P5E WS Pro の PATA に接続した DVD ドライブを認識させることができましたので、kext をバックアップ代わりに上げておくことに。 darwin-ata からソースを落として、32/64bit 両対応でビルドしてから、Contents/Info.plist にデバイス ID を必要なだけ追加すれば OK でした。 32/64bit 両対応の fakesmc.kext、NullCPUPowerManagement.kext、OpenHaltRestart.kext と併せて固めてありますので、必要な方は、こちらからどうぞ。もちろん、ご使用は、at your own risk で。:)

雪豹で夢を見るコツ – まとめ

P5E WS Professional と Geforce 8800GT で Snow Leopard の夢を見るためのまとめ。 前提 Leopard または Windows で、DSDT.aml を作成しておく。 8800GT・Ethernet・HDEF を組み込んだ EFI String を設定した com.apple.Boot.plist ファイルを作成しておく。 事前準備 Chameleon 2.0 RC3 をダウンロードする。 夢置場から SDMx86 をダウンロードする。 Leopard 上で、Snow Leopard のリテールディスクと SDMx86 を使ってインストールディスクを作る。DSDT.aml と com.apple.Boot.plist をコピーしておくのを忘れずに。 BIOS 設定 Main > System Time は UTC にあわせる。 Main > SATA Configuration > Configure STAT as は、[AHCI] Advanced > CPU Configuraiton > C1E Support は、[Disabled] Advanced > Chipset > North Bridge Configuration > Memory Remap Feature は、Enabled Advanced > USB Configuraiton > Port 64⁄60 Emulation は、[Enaabled] Advanced > USB Configuraiton > Legacy USB Support は、[Enaabled] インストール手順
Read more

カメレオンはレガシー好みらしい

うちのマシンが、Chameleon 2.0 ではブートメニューを操作できなかった原因は、BIOS の USB 設定が原因でした。Advanced > USB Configuration の Port 64/60 Emulation Legacy USB Support をともに、Enable にしてやると、ちゃんと Apple Keyboard の入力を拾うようになりました。 や、SDMx86 の素のブートローダ (PC-EFI v9) だと何故か CPU のクロックとか、BIOS のバージョンとか、SMCから拾う値が異常な値になってたので、気持ち悪かったんですよねん。 ついでに、ブートローダーを Chameleon に置き換えることで、ログイン時のカーネルパニックも起きなくなったので、二重に良い結果となりました。

雪豹は機嫌を取るのが大変…

電源 ON & 64bit モードで再起動 → Extensions.mkext 作り直し → リブート。という手順を踏まないと 32bit モードがログイン時に必ずカーネルパニックを引き起こす…なぜ…?

雪豹は勝手に鳴くと思わざれ

システム環境設定のサウンドをふと見れば、Line Out とか、Headphone が追加されている。SDMx86 をよくよく見れば、最初から VoodooHDA.kext が入ってる。つまりディフォルトで外付けの USB が選択されてるだけで、実はハナから内蔵音源は鳴っていたという落ち〜。orz いや、すごいっすよ、SDMx86。 で、最初、カーネルパニックで落ちまくっていたのは、32bit ドライバのどれかがよくなかったみたいで、一度 64bit モードで起動して、Extentions.mkext を作り直してやれば、該当のドライバが排除される (= 64bit モードに対応していないため) ので、以降、32bit モードでも 正常に起動できるようになったと判明。それが何かは控えておくのを忘れたので今はわからないー。^^; キャッシュの再作成は、以下のコマンドで行う。とメモ。 sudo kextcache -v 1 -m /System/Library/Caches/com.apple.kext.caches/Startup/Extensions.mkext /System/Library/Extensions/

仕掛けはブートローダーにあり

Chameleon 2.0 (RC1-RC3) はブートしない問題は片づいてないのですが、2ch のログをつらつら眺めてると、こんな書き込みが。 HDDにブートローダを入れるときは、そのHDDでブートしてから入れる これやらないとKPする可能性が高い これか!? 最初に、SDMx86 入れたときに発生したカーネルパニックの原因は。しかし…どうやって最初に HDD をブートするのだろう。何でもいいからまずブートローダを外からインストールする。次にブートしてきたHDD にブートローダを上書きする。 すると、嘘のように安定してしまった。あれこれ何度も入れ直しをしたからかも知れん。しかし、快適。64bit モードも起動を確認。心もち反応がよいような気がする。が、ExpanDrive (というより MacFuse) とか、Paragon NTFS、VMware、あたりは全滅になるので、それらの準備が整うまで、64bit はお預けのようです。 メイン環境をこっちに持ってきても問題なさげ。Leopard も残すけど、Leopard より快適なんだよねー。今のところ、カーネルパニックも起きてないし。 そうそう。SDMx86 が追加で入れてる kext で 32bit のみ対応のモジュールは、32/64bit 両対応のモジュールを探して入れ替えました。なので、ブートパラメータでいつでも切り替え可能になってます。

カメレオンは RAID が嫌いのようです

インストールがすんなりいったので、大はしゃぎで記事を書いたのですが、いざ、iLife その他のアプリケーションをインストールすると、リブート後にカーネルパニックが必ず発生してしまい、大成功でも何でもありませんでした。orz 起動時のディスクチェック (fsck) が起動された途端にカーネルがお亡くなりになっているので、ディスク関係のドライバが適合していないようだということはわかるのですが、ディスクの何が原因かわかりません。64bit モードで起動すると問題が起きないので、32bit ドライバに問題があるのは確かなのですが… 埒があかないので、とりあえず 64bit モードで運用することにしようと考えたところ、今度は、SDMx86 ディフォルトのブートローダーが 64bit 起動をコマンドラインのパラメータ以外では制御できないことがわかり、Chameleon に差し替えることに。(実は差し替えた後、添付の文書を読めば、64bit モード固定にできるのを発見! ショックが…) Chameleon 2.0 RC3 をダウンロードしてインストールすると、boot1: error で止まる。再インストールしても、パーティションを切り直すところからやっても、これで止まる。ググったら、こんな記事がいくつか見つかった。Chameleon は、BIOS で SATA を RAID にしていると駄目らしい。ずっと PC-EFI 使ってきてたので知らなかった。うはは。 再度気を取り直して、インストール。もちろん、BIOS の SATA 設定は、AHCI に変更した後で。すると、boot1: error は表示されなくなりましたが、ただそれだけで、いつまで経ってもブートシーケンスを開始する気配がない。画面は真っ暗なまま。 根負け。次善の策として、netkas の PC-EFI v10.2 β を導入する。そのためには、まず、Chameleon 2.0 RC1 が必要で…orz 結果からいいますと、RC1 はちゃんとインストールできました。テーマとかそういうのをインストールする後片付けのスクリプトがエラー出して画面上には失敗って出るんですけど、本体のインストールはちゃんとされてます。テーマは手動でコピーすればいいしね。その上で、PC-EFI 10.2 β というか、boot ファイルだけ上書きしてあげると完成。 で、リブートするとちゃんと 64bit モードで起動しました。Canon の LBP5000 が使えなくなるなーと思ったんですけど、印刷くらいなら Mac mini からしても構わないし。というか、Canon のやる気のなさは何なんでしょうね。LIPS と最新機種以外は、64bit 全面切り捨てだし。Brother を見習ってもらいたいものです。閑話休題。 しかしまたまた問題が発生。グラフィカルブート画面でブートメニューが表示されない。このままでは、シングルユーザモードでメンテできなくなるではないかっ! …いや、別にグラフィカルブートをやめればすむ話なんですがね。^^; ググっても見つからないのは、みんな問題なくいってるからなのか、英語ですらかけらもヒットしないってどうよ。本家のコメントで「カウントダウン止めたらフリーズしちまったよ!」て人はいたけど、すごいスルーされてるし。症状が全く同じなんで、誰か解決してくれないかな…または、RC4で解決して欲しい。 Snow Leopard で VIA チップセット対応が削られてしまったのも何とかしないと、内蔵 DVD ドライブがもったいないし…いやこれは、いい加減 SATA のヤツにしろというお告げ!
Read more

雪豹でも夢を見ました…

Mac mini には全く問題なく入った Snow Leopard。OSX86 の方は当面 Leopard のままにしておくつもりなんですが、モノは試しで雪豹の夢を見てみることにしました。 マシンスペックは以下の通り。 パーツ 製品 M/B Asus P5E WS Pro CPU Core 2 Quad Q6600 (3GHz にクロックアップ) Memory 8GB GPU 1 GeForce 8800GT (ELSA製) GPU 2 GeForce 8600GT (メーカー忘れた) FireWire Lacie Firewire 800 PCI-X Card 音源 AIWA (USB音源。一応ウーファーがついてる) まず、夢置場から、SDMx86 R3 をダウンロード。これを使って、ブートディスクを作成します。Leopard で使っていた DSDT.
Read more

10.5.7 の夢を…見ました!

10.5.7 で夢が見られなくなったのは、IOAPIC のハングではなく、以前作った DSDT.aml が、10.5.7 では使えなくなってしまったことが原因と判明。DSDT.aml を削除したら、さくっと起動しました。ついでに、DSDT Patcher で作成し直したら、全く問題なく起動。 ということで、アップデート手順は以下の通り。 DSDT.aml を削除する。 ターミナルを2枚起動。すべて sudo -s で root になっておく。 netkas によると、SMBIOS を置換したりエミュレートするブートローダーを使ってると、機種ID が Mac Pro となってるマシンは、kernel panic するよ、とのことだったので、片方のターミナルで、 while sleep 1 do rm -rf /System/Library/Extensions/AppleTyMCEDriver.kext done を実行する。 うちの環境では、10.5.7 の AppleHDA.kext が kernel panic を起こすので、別のターミナルで while sleep 1 do rm -rf /System/Library/Extensions/AppleHDA.kext done も実行する。 あらかじめダウンロードしておいた 10.5.7 Combo Update を起動する。 Combo Update を実行する。 Combo Update が完了したら、ターミナルを閉じる。 再起動ボタンをクリックして、再起動する。 起動したら、DSDT Patcher で、DSDT.
Read more