News a

Feedbin のインストール

結果的に、動作しなかったが、勿体ないので、記事は残しておく。 ニュースサイトの閲覧に、サーバー設置型であるニュースフィーダーの Fever を使っているのだが、ディスコンになってしまって、乗り換え先を探していたところ、オープンソースで公開されている Freebin がよさげだったので、Debian GNU/Linux 9 Stretch にインストールしてみた。Feedbin に月 $5 払えば、インストールなどいらないのだが、ドキュメントに書かれていない設定が多数あって、試行錯誤に丸一日費やしたので、どこかに残しておかないと勿体なかったというのもある。😁 まず、Stripe.com のアカウントが必要なので、サインアップする。 ダッシュボードの「テスト API キーの取得」に、公開可能キーとシークレットキーがあるので、これをいったんコピーしておく。 次に、サイドバーの Billing → 商品から、商品を 9 種類追加する。商品ごとの料金プランで、API ID に以下の値をひとつずつ設定する。面倒だが、Stripe.com に該当の API ID を持つ商品(料金プラン)がないとエラーになるので、頑張って設定する。 basic-monthly basic-yearly basic-monthly-2 basic-yearly-2 basic-monthly-3 basic-yearly-3 free timed trial 設定が終わったら、インストール作業に入る。まず、Feedbin を実行するユーザーを作成する。 sudo useradd -m feedbin 実行には、memcahed、elasticsearch、ruby が必要なので、インストールする。ただし、システムデフォルトの ruby は、バージョンが古い (2.3) ので、rvm から必要なバージョンを導入しなくてはならない。(無論、rbenv から導入してもよい) sudo apt install dirmngr sudo apt install apt-transport-https sudo apt install curl sudo apt install memcached sudo apt install -t stretch-backports redis sudo gpg --recv-keys 409B6B1796C275462A1703113804BB82D39DC0E37D2BAF1CF37B13E2069D6956105BD0E739499BDB curl -sSL https://get.
Read more