DVD

Mac The Ripper を購入/アップグレードする手順

今いちわかりにくいので、備忘録を兼ねてまとめてみました。 まず、このページを参照して開発者のメールアドレスを取得します。(2012/1/13時点では、Gordon Miller 氏の Gmail アドレスになっています) Paypal から、上記で取得したメールアドレス宛てに送金します。 Paypal の送信先にメールアドレスを入力します 金額は、新規にライセンスを購入する場合は、$40USD、アップグレードの場合は、$10USDです。 支払い種別はサービスを選択します。 支払い額を確定すると、メッセージの入力画面になりますが、Donation とか Donate という単語を含めてはいけません。Giftとすること、と開発者からお達しがあります。税務関係で揉めるんだとか。なので、件名には、”Support gift” などと入力すればよろしいでしょう。 ただし、最初の購入から1年以内でアップグレードとなった場合に限り、送金は必要ありません。 MTR 4 を起動します。 ライセンス登録/購入画面が表示されるので、I Need A License! をクリックします。 テンプレートが設定された Mail.app のメール作成画面が表示されるので、トランザクションID、金額、送金日を記入します。 Thank you For Registering The Application Please Complete And Send To The Developer. xxxxxxxx xxxxxxxx Has Requested A License On Friday, January XX, 20XX (XX:XX). Version No 4200. MTR4-000-X-999-X-999 PLEASE ENTER ALL YOUR DONATION PROOF(S) HERE - Transacton Number: 9999999999999999X Amount: $40.
Read more

DVDムービーで頓死…

普段、ほとんどDVDを見たりしないので気がつかなかったけど、夢を見ている最中に、DVDムービーをプレイヤーで表示させようとすると、かなりの確率で Kernel Panic が起こる。リッピングしようとすると、ほぼ100%頓死する。 原因がわからない…特に FairMount が極端で、本物のMacでも100%Kernel Panicが起きる。何故だ?… フォーラムを漁ったところ、AppleVIAATA.kext が、32bitしかアドレッシングできないのに、メモリを4GB以上積んでるものだから、DMA転送バッファが不整合を起こすためらしいとわかった。64bit拡張した kext を配布している方がいたので、早速ダウンロードしてインスコ。…そしたら、ATAデバイス(この場合は、DVD ドライブ)を認識しない。…orz どうせチップIDが Info.plist に書かれてないんだろうと思い、今まで使ってたバージョンから、Marvell に関連する部分をごっそりコピー。んで、再起動すると、見事! DVD ムービーの上映で、kernel panic が発生することはなくなりました。:) しかし、それでも、Fairmount は、頑なに kernel panic を引き起こします。仕方ないのでサポートへ連絡。その返事待ちです。 以下、64-bit ATA ドライバ darwin-ata に関するトピックへのリンクです。 AppleVIAATA over 4gb RAM bug solved (at least i believe so)! JMicron and AppleNForceATA at development – InsanelyMac Forum ちなみに、本物のMacでも起こるんですが、私の Mac mini は、メモリを4GBに増設しているので(実際に使えるのは、3GBですが)、なんか、その当たり臭いんですよね、原因が。(2009/3/23 追記)