DSDT Patcher

10.5.7 の夢を…見ました!

10.5.7 で夢が見られなくなったのは、IOAPIC のハングではなく、以前作った DSDT.aml が、10.5.7 では使えなくなってしまったことが原因と判明。DSDT.aml を削除したら、さくっと起動しました。ついでに、DSDT Patcher で作成し直したら、全く問題なく起動。 ということで、アップデート手順は以下の通り。 DSDT.aml を削除する。 ターミナルを2枚起動。すべて sudo -s で root になっておく。 netkas によると、SMBIOS を置換したりエミュレートするブートローダーを使ってると、機種ID が Mac Pro となってるマシンは、kernel panic するよ、とのことだったので、片方のターミナルで、 while sleep 1 do rm -rf /System/Library/Extensions/AppleTyMCEDriver.kext done を実行する。 うちの環境では、10.5.7 の AppleHDA.kext が kernel panic を起こすので、別のターミナルで while sleep 1 do rm -rf /System/Library/Extensions/AppleHDA.kext done も実行する。 あらかじめダウンロードしておいた 10.5.7 Combo Update を起動する。 Combo Update を実行する。 Combo Update が完了したら、ターミナルを閉じる。 再起動ボタンをクリックして、再起動する。 起動したら、DSDT Patcher で、DSDT.
Read more

続けて夢を見ました。

EFI boot v6 を落として、USBデバイス経由でなく、スタンドアローンで起動するようにしてみました。この、EFI boot は、Boot-132にインスパイヤされたものだと作成者自身が記事で述べているように、GUIDパーティションに必ずついてくる EFIパーティションにブートローダやら、kextを突っ込んでしまえという方法です。元々 Apple はここを使ってないので、昨今の風潮にあわせた資源の有効活用ってやつですね。やり方はごっつ簡単。Leopard 導入済みの環境でも、DVDのインストーラから起動した環境でもインストール可能です。 ■必要なもの efi_boot_v6.1.zip を InsanelyMac の [Guide] Boot from EFI partition, zero modification installs on Intel SSE2 or better…, Zero-modification Leopard installs. Share disks between macs & ha ってエントリから落とす。 zip を展開しておく。 DSDT Pacher で、DSDT.aml を造っておく。 [1] インストール先ディスクのデバイス名を取得する ターミナルを開き、sudo -s でルートになっておく。 レパード実行環境なら、diskutil info / | grep Identifier を実行。表示されたディスク名(disk0s2 とか)をメモっとく。 DVD起動なら、diskutil info /Volume/なんとか | grep Identifier。/Volume/なんとか は、対象のディスクのマウントポイント。 [2] EFIパーティションを初期化する
Read more