夢置場

雪豹は勝手に鳴くと思わざれ

システム環境設定のサウンドをふと見れば、Line Out とか、Headphone が追加されている。SDMx86 をよくよく見れば、最初から VoodooHDA.kext が入ってる。つまりディフォルトで外付けの USB が選択されてるだけで、実はハナから内蔵音源は鳴っていたという落ち〜。orz いや、すごいっすよ、SDMx86。 で、最初、カーネルパニックで落ちまくっていたのは、32bit ドライバのどれかがよくなかったみたいで、一度 64bit モードで起動して、Extentions.mkext を作り直してやれば、該当のドライバが排除される (= 64bit モードに対応していないため) ので、以降、32bit モードでも 正常に起動できるようになったと判明。それが何かは控えておくのを忘れたので今はわからないー。^^; キャッシュの再作成は、以下のコマンドで行う。とメモ。 sudo kextcache -v 1 -m /System/Library/Caches/com.apple.kext.caches/Startup/Extensions.mkext /System/Library/Extensions/

雪豹でも夢を見ました…

Mac mini には全く問題なく入った Snow Leopard。OSX86 の方は当面 Leopard のままにしておくつもりなんですが、モノは試しで雪豹の夢を見てみることにしました。 マシンスペックは以下の通り。 パーツ 製品 M/B Asus P5E WS Pro CPU Core 2 Quad Q6600 (3GHz にクロックアップ) Memory 8GB GPU 1 GeForce 8800GT (ELSA製) GPU 2 GeForce 8600GT (メーカー忘れた) FireWire Lacie Firewire 800 PCI-X Card 音源 AIWA (USB音源。一応ウーファーがついてる) まず、夢置場から、SDMx86 R3 をダウンロード。これを使って、ブートディスクを作成します。Leopard で使っていた DSDT.
Read more

夢を見ました

Leopard を PCにインストールするという夢を見たので、忘れないうちにメモしておいたり。オンボのサウンドがどうやっても認識しないけど、USBの音源あるし、ま、いっかってことで。  ちなみに、10.5.6 は、スリープから戻ってこないっす。デスクトップをスリープ運用する人は、あんましいないかもしんないけど。(10.5.5だと、ちゃんとスリープから復帰します)  カーネルブート時にネットワークアダプタが認識されないため、ホストUUID が設定されない問題があった。そのせいで、Time Machines が正常に開始しなかったり、Xcode がエラーを吐いたり、色々問題が。^^; おまけ 4 に解決方法を追記。(2008/12/19) ■ 環境 M/B: Asus P5E WS Pro CPU: Intel Core 2 Quad (Q6600) 2.4GHz MEM: 8GB VGA: GeForce 8600GT 256MB Sound: USB音源 DVD: PIONEER DVD-RW (内蔵) PATA & I・Oデータ SVRP-UN8PL2 (外付) USB ■ 必要なもの ブート可能な USBデバイス Retail の Mac OS X 10.5 Leopard インストールディスク ■ 下準備 boot-132 をダウンロード。generic.iso でOK。http://www.mediafire.com/?uwd9dtttjfk。夢置場から Pre Boot CD をダウンロードしても可。http://dream.
Read more