仕掛けはブートローダーにあり

Posted on
OSX86 Snow Leopard

Chameleon 2.0 (RC1-RC3) はブートしない問題は片づいてないのですが、2ch のログをつらつら眺めてると、こんな書き込みが。

HDDにブートローダを入れるときは、そのHDDでブートしてから入れる

これやらないとKPする可能性が高い

これか!? 最初に、SDMx86 入れたときに発生したカーネルパニックの原因は。しかし…どうやって最初に HDD をブートするのだろう。何でもいいからまずブートローダを外からインストールする。次にブートしてきたHDD にブートローダを上書きする。

すると、嘘のように安定してしまった。あれこれ何度も入れ直しをしたからかも知れん。しかし、快適。64bit モードも起動を確認。心もち反応がよいような気がする。が、ExpanDrive (というより MacFuse) とか、Paragon NTFS、VMware、あたりは全滅になるので、それらの準備が整うまで、64bit はお預けのようです。

メイン環境をこっちに持ってきても問題なさげ。Leopard も残すけど、Leopard より快適なんだよねー。今のところ、カーネルパニックも起きてないし。

そうそう。SDMx86 が追加で入れてる kext で 32bit のみ対応のモジュールは、32/64bit 両対応のモジュールを探して入れ替えました。なので、ブートパラメータでいつでも切り替え可能になってます。