ATLASSIAN – Cash for Clunkers

Posted on
JIRA バグトラッカー プログラム開発 マネージメント

ATLASSIAN が、JIRA 4 発売 (10月発売予定) を記念して、またまたキャンペーンを行っています。前回は、JIRA と Confluence のチャリティ販売でしたが、今回は、Cash for Clunkers と銘打って、JIRA の 10 ユーザライセンスが無料で配布されます。(もしくは、JIRA 4 の 20% 引きクーポン)

申し込み方法はいたって簡単。Cash for Clunkers というページの Make the trade というボタンをクリック。すると、Select your JIRA 4 coupon というセクションと Share your story というセクションが表示されます。

Select your JIRA 4 coupon

まずは、

  • Free 10-user license and migration assistance
  • 20% off JIRA 4 and free migration assistance

という選択肢から貰いたい方をチェックします。10 ユーザライセンスがよければ、”Free 10-user license…” の方をチェック (ディフォルトでチェックされています)。20% 引きクーポンがよければ下の “20% off JIRA 4…” をチェックします。

Share your story

次に、自分が使ってて、使い物になんねーよ! と思ってるバグトラッキングシステムを “Select clunker” から選びます。”Excel/Spreadsheet” なんて選択肢があるのに笑ってしまいました。Excel でバグ管理なんて日本だけかと思ったら、どこでもやってるのね。^^;

ここで “Other” (その他) を選んだら、”Share your story” にクソだと思ってるシステムの名前を入力。

そうしたら、”What frustrates you about your current clunker?” に上で選んだバグトラッキングシステムのどういう点をクソだと思ってるかを記入。もちろん英語でですよ。でないと受け付ける方が読めないから。

で、そのクソなシステムのスクリーンショットを “Upload a screenshot of your clunker” の欄にあるボタンで選択してアップロード。本当に使ってるかチェックするんでしょうね。私はやばそうなところは全部ぼかしを入れて上げました。

その他にブロクとか動画とか何か付け足しがあれば、More to share? Link to your trade-in blog or screencast video の欄に入力。ここはブランクのままでも構いません。

最後に、入力した内容を実名で紹介されるのは勘弁して欲しいなぁと思う人は、”Keep my trade-in story anonymous” をチェックすると匿名で公開されます。

入力した内容に間違いのないことを確かめて、最後に Submit ボタンをクリックして送信。

すると、アカウント作成画面が表示されますので、ATLASSIAN のログインアカウント作成に必要な情報を入力します。内容をどこまで厳密にチェックしてるかはわかりませんが、少なくともメールアドレスはちゃんと入れないと、ATLASSIAN から連絡が来ませんから、適当な内容は書かない方がいいですね。というか仕事で使うツールなんだから、正確に記入しましょう。既にアカウントを持ってる人はここでログインします。

ここまで恙なく終えたら、あとは、ATLASSIAN から連絡を待ちましょう。このキャンペーンは、10 月 2日まで続きますので、実際に連絡があるのは、それ以降になると思われます。

なお、最優秀記事 (?) を書いた人には、$4,000 ドルが当たります。皆様お誘い合わせの上、どしどしご応募下さい。:)