StartSSL (1/3)

StartCom Linux というディストリビューションも開発しているイスラエルの StartCom が認証局として発行している証明書が、StartSSL 証明書です。昨年秋に Windows の証明書ストアにルート証明書が登録されたことにより、Internet Explore にも対応を果たしました。 通常、SSL証明書というのは、発行申請ごとに認証を受けるのですが、StartCom は、証明書の発行プロセスと認証プロセスを完全に分離し、個人認証、組織認証について課金するというモデルをとっています。個人認証が、350日で $49.90-。組織認証も 350日で $49.90- (ただし、組織認証を受けるためには代表者または担当者が個人認証を受けている必要があります)。EV 認証は、やはり 350日で、$199.90 (組織認証とEV証明書1回分を含みます)。一度認証をうければ、その間、証明書はワイルドカード証明書を含めて発行し放題です (EV証明書だけは一回につき $49.90 必要です)。ここ以外では一番安いと思われる RapidSSL のワイルドカード証明書でも、年 $149 (日本だと年14800円) することを思えば、これは破格の安さではないでしょうか。しかも証明書は二年間有効です。 認証? またそれは面倒な。と思ったあなた。大丈夫です。もし、SSL証明書が必要なドメインがひとつだけでしたら、認証は必要ありません。しかも認証が必要ないということは課金がありませんから、つまりタダで SSL証明書が入手できます。この場合、証明書の有効期間は一年間になります。 さて、安いとか無料ということになると、気になるのはブラウザの対応具合ですが、基本的に、Windows の証明書ストア、Mac のキーチェーンを使用するブラウザは問題ありません。具体的には、Internet Explore とか、Safari とか。Firefox は独自の証明書ストアを持っていますが、既に登録されているのでこれまた問題ありません。ブラウザ別に見ると、 Internet Explore を含む、Windows 証明書ストアを利用するブラウザ Safari を含む、Mac OS X キーチェーンを利用するブラウザ Firefox Opera Camino Flock Google Chrome Konqueror SeaMonkey Android iPhone となります。何か抜けてますね。そうなんです。Opera は対応してないんですよ。となると、Opera 自体のシェアはともかく、広く公開するサイトには二の足を踏んでしまう人も少なくないのではないでしょうか。でもまあ、ある程度対象が限定 (知人親族だけが対象とか) されるサイトなら、問い合わせがあるのを前提で使用してみる価値はあると思います。あるいは、Opera は無視、というポリシーでいくとか。いつの間にやら Opera に対応して隙がなくなってますね。(2010/10/6 修正) ^^; では、実際の請求方法をご説明しましょう。実は「Quick Lane」という、 SSL証明書を手早く発行して貰うためのショートカットプロセスもあるのですが、どっちにしてもアカウントは作成されることと、個人認証まで行う場合はそれではだめなので、ここでは通常の登録方法を紹介することとします。
Read more

ドメイン名を変えました

いやまあ、大した変更ではないんですが、http://daybook.asia から http://daybook.biz に。 まあそれだけなんですけどね。^^; 別段、元のアドレスが死んだわけではないのですが、気分的に。

日本語に翻訳しているソフトなど

そういえば、Mac ソフトの翻訳などしてたりするわけですが、何のソフトを訳してるのかどこにも書いたことがないので、ちょっとまとめてみたり。 Archiver – アーカイバ。旧 Rucksack。 Changes – 有名なテキスト差分抽出ツール。Coda や Espresso、BBEdit、TextWrangler へのインテグレーションをサポートしています。 Choosy – ブラウザ選択ソフト。システム環境設定ペイン。 DaisyDisk – ディスク使用量を視覚化。 DiffFork – FileMerge より高機能かつユーザーフレンドリーな差分抽出アプリ。 DVDRemaster – DVDリマスタリングソフト。 Flux – Webサイトオーサリングツール。WYSIWYGなのがポイント。 FruitMenu – アップルメニューやコンテクストメニューをカスタマイズ。 Fruux – アドレスブック/カレンダー/ブックマーク/ノート同期ソフト。システム環境設定ペイン。 iCloud – オンラインストレージ & オンラインデスクトップサイト。現在翻訳作業中 iLocalize – Mac ソフトローカライズヘルパー。 iShowU – スクリーンキャプチャソフト。 iShowU HD – 高画質スクリーンキャプチャソフト。 Lyn – 高機能グラフィックビューワー & ブラウザ。(2011/3/12 追加) Mailplane – Fruid を利用した Gmail 専用クライアント。しばらくメンテされてなかったので勝手に引き継ぎ。(2011/2/14) MAMP Pro – Apache + MySQL + PHP 一括運用ソフト…の商用版 MindNode (Pro) – マインドマップソフトウェア。 MindNode for iOS – 上記ソフトの iPhone/iPod touch/iPad 版 MyBB – PHPで書かれたBBSソフト。現在翻訳作業中 Notificant – 予定通知ソフト。Web アプリも通知メールも日本語に。iPhone 版も予定。(2011/3/30 修正) Nukit – ランチャ、辞書検索やウインドウ操作などを含む多目的ユーティリティソフトです。 Poweradmin – PoewrDNS サーバー WebGUI フロントエンド。 Proxmox VE – KVM & OpenVZ ベースのクラウドサーバ管理ソフト。 Quiet Read – ブックマークソフト。 Simon – リモート監視ソフト。 SnapRocket – ウィンドウ操作ツール。システム環境設定ペイン。 SolusVM – Xen PV, Xen HVM, OpenVZ 対応 VPS 管理コンソール。1.
Read more

VPS ショートレビュー (2/2)

サーバーの移設に手こずり、後半がえらく遅くなってしまいました。しかもブログの設定をミスってて記事にアクセスできない状態が続いていたようで…昨日今日のにわか管理者じゃあるまいし、お恥ずかしい次第。^^; そうそう、前回紹介した Delimiter USA ですが、あれからどんどん拠点を拡大しており、現時点で「フランクフルト、サンノゼ、パリ」に加えて「ニューヨーク、アトランタ、マイアミ、トロント、シドニー、マレーシア、シンガポール、ロンドン、コペンハーゲン、バルセロナ、プラハ、ハイファ (イスラエル)」から選択が可能になっています。どうしちゃったんでしょう。世界制覇でも目指してるんでしょうか。w 閑話休題。では前回紹介できなかったところを軽く流してみましょう。 RAM Host 評価: ☆☆ 特段これといって不具合があるわけではなく、ごく普通のサーバーでしたが、CPUが、Core 2 Duo というのがちょっと…お試しだけで終わりました。 ロケーション サンノゼ (アメリカ、カリフォルニア州)、ダラス (アメリカ、テキサス州)、ドイツ、ニュージーランド 仮想環境 Linux Xen (PV、共有カーネル)、OpenVZ コントロール パネル 独自。ローカルコンソールがないくらいで機能は SolusVM とあまり変わりがない。 対応OS Arch Linux (32), CentOS 4.x/5.x (32), Debian 3.1.x/4.0.x/5.0.x (32), Fedora 10 (32), 同 11 (32), Gentoo 2009.7.18/2010.1.5 (32), OpenSUSE 10.3/11.1 (32), Ubuntu 8.04/9.04/9.10 (32) サポート 普通です。
Read more

VPS ショートレビュー (1/2)

鯖の乗り換えでいくつか VPS を借りてみたので、その雑感などを。 Linode 評価: ☆☆☆☆☆ 2ch の VPS スレ や WebHostingTalk では鉄板とされています。契約からサーバーの設定、オプションの購入、OSのインストール、設定まですべてWeb管理画面から行うことができ、非常に簡単にサーバーを立てることができます。サーバー自体も非常に安定しています。落ちたとか、繋がらないなどということは噂すらありません。単にウェブサーバーやメールサーバーを立てるだけなら、さくらで専用サーバーを借りるよりここを借りた方が遙かに良いのではないでしょうか。 ここの特長は安定性と応答性の良さ以外にも、1. ディスクのパーティションをユーザが自由に配置できる。2. メモリも購入した範囲内であれば、増減可能。3. VPS のディスクイメージを他の VPS へ簡単にコピーすることが可能。と、他のプロバイダにはない点が挙げられます。 データセンターは、フレモント (アメリカ、カリフォルニア州) の他にアメリカ国内に三カ所、ロンドンに一カ所と合計五カ所あり、申し込んだ後に選択できます。今どこのデータセンターのどんなプランが空いてるのかは、Datacenter Availability ページで予めわかります。フレモントは大人気 (多分、アジアからの申し込みが集まるからだと思います) で、空きが出てもすぐ埋まってしまうのが悩ましいところですが。 私はここにウェブサイト (このブログも含みます) とメールサーバーを置いています。日本にサーバーを置いていた時と比べても特に気になる遅延はありません。SSH でのログインも快適です。 ロケーション レモント (アメリカ、カリフォルニア州)、ダラス (アメリカ、テキサス州)、アトランタ (アメリカ、ジョージア州)、ニューアーク (アメリカ、ニュージャージー州)、ロンドン (イギリス)。 仮想環境 Xen (HVM) コントロール パネル Linode 独自 Web コントロールパネル 対応OS Arch Linux 2009 02 (32/64), CentOS 5.3 (32/64), Debian 4.
Read more

サーバがお亡くなりに…

昨日、サーバが頓死してしまいました。原因は、RAID5で構成していたSCSIディスクが2基破損したためということで復旧もできず、急遽引っ越しを行うことに。 で、2chとか、WebHostingTalk.com を見て、取りあえず、Linode の VPS を契約してみました。なかなか快適です。もともとそんなにリソースを消費するサーバではなかったといいますか、無駄に専用サーバだったので私の用途には充分なサービスです。 それにしても、昔と違って今は随分安くて使い心地が良くなってますね。Linode は、Xen ベースの仮想サーバなんですが、一応、OpenVZ (Viruosso) のところもお試しはしてみたんですよ。何と言いますかもうダンピング状態だし。ですがまあ、ほとんどが安かろう悪かろうでして。Delimiter USA くらいですかね。試用した中でちゃんと使えそうなのって。 ともあれ、今からせっせと環境構築です。これが時間かかるんですよね。やむをえないこととはいえ、新年早々大変です。 あとから、San Jose にデータセンターがある、Take 2 Hosting という専用サーバプロバイダーを発見してちょっと早まったかなと思わないでもなかったり…ここ、何でこんなに安いんでしょうね。ぐずぐず決めかねているうちに売り切れてしまいました。^^l

Thoughts

本年最後の更新。かも。 Mac でノート作成といえば、Circus Ponies の Notebook が有名ですが、新しいノートアプリケーションが来年の1月に発売されます。開発は、green & slimy で、Thoughts というアプリケーションです。日本語ローカライズを担当したので、一足早くレポートをば。 起動すると、まずはウェルカムウィンドウが開きます。写真では英語ですが、正式版ではちゃんと日本語になりますのでご心配なく。^^; この画面には、ヘルプ表示やウェブサイトへのリンクがあるだけで、実際の操作はもうひとつ表示される「シェルフ (本棚)」ウィンドウから行います。 シェルフ (本棚) に表示されているのはもちろん「ブック (本)」ということで、ノートは基本的に「ブック」単位で管理します。ブックを開くと、 とこんなリングバインダーを模した入力/表示画面が表示されます。ノートはページ単位で作成し、ページごとにタイトル、作成日が設定可能です (ディフォルトのタイトルは「名称未設定」、日付はページ作成日になります)。文字はもちろん、画像を貼り付けることもできますし、ウェブやメールアドレス、ほかのページへのリンクを作成することもできます。例えば、 と、ご覧の通りです。 また、ノートをとるのは単に覚え書きというだけでなく、後に資料として活用する、学生さんならレポートとして提出するということがままあるものですが、Thoughts にはページ単位で、Rich テキスト文書や、PDF 文書、Word 文書、Open Office 文書にエクスポートする機能が標準で備わっており、少し見栄えを整えて、エクスポートすれば「提出相手の環境にあわせた形式」の資料がすぐでき上がるという優れものでもあるのです。これだけでも購入の価値があるのではと思うのですが、いかがでしょう。 2010年1月17日までに予約購入すると、プレオーダーバンドルということで、Yum (料理のレシピ管理ソフト)、Family (家系図作成ソフト) というソフトがついてきます。さらに、ブログか Twitter で一言宣伝すると、ResizeMe (画像のバッチ編集ソフト) がおまけにつきます。価格は、€24 です。ノート作成ソフトの購入をお考えでしたら是非どうぞ。

Mac.AppStorm Christmas Giveaway

MacAppStorm が、総額 $7,000 のシェアウェアをクリスマスイヴまで毎日日替わりでプレゼント! という企画を行っています。 1日 Tweetie for Mac (終了) 2日 Things(終了) 3日 Rader (終了) 4日 Forklift (終了) 5日 CSSEdit (終了) 6日 Espresso (終了) 7日 Billings (終了) 8日 Daylite (終了) 9日 CleanMyMac & MacHider (終了) 10日 LittleSnapper (終了) 11日 Wallet (終了) 12日 Times (終了) 13日 Just In Mind (終了) 14日 Pixelmator (終了) 15日 Delibar (終了) 16日 RapidWeaver (終了) 17日 Postbox (終了) 18日 Mailplane (終了) 19日 Socialite (終了) 20日 Hazel (終了) 21日 Bento (終了) 22日 1Password (終了) 23日 DEVONthink (終了) 24日 “The Finale” (iPod Touch, Things, Espresso, Daylite, CSSEdit, iPod Shuffle) (終了) 日によってプレゼントされるライセンスの数は異なります。応募は、Twitter でツイートするとか、コメントを書き込むといった簡単手順がほとんどなので、皆さん、どしどし応募しましょう!
Read more

MacUpdate Promo からの贈り物

期限は不明ですが、MacUpdate Promo で、MainMenu と Videobox が無料です。お早めに!

追加しておきたい Growl スタイル

Mac 使いで Growl を入れてないって人はいないと思うんですが、最近試してみてこれはイイッ! っていうスタイルがあったのでご紹介。 ひとつは、Basics というスタイル。こんな感じです。 もうひとつは、Mono。 どちらも作者は、Christopher Lobay さん。カナダ在住の方なのかな? 入手は作者さんのサイトからどうぞ。