Software

Vanilla Forums

Debian GNU/Linux 10 Buster をインストールした VPS に、nginx を入れて、Vanilla Forums を立ち上げたので、そのメモ。Web サーバーに Apache を使う場合は、.htaccess のひな形が予め仕込まれてるので、注意点はない。 まずは、nginx と php をインストール sudo apt install nginx sudo apt install php php-apcu php-bz2 php-cli php-curl php-fpm php-gettext php-imagick php-imap php-mbstring php-mdb2-driver-mysql php-mdb2-driver-pgsql php-mysql php-pgsql php-readline php-tokenizer php-xml php-xmlrpc php-zip Github からリリース版を取得。適切な位置 (仮に、/srv/vanilla とする) へ展開。 nginx の server {} ディレクティブ内で以下のように設定。 root /srv/vanilla; # Add index.php to the list if you are using PHP index index.php; # Block some folders as an extra hardening measure.
Read more

Newspipe のインストール

Feedbin の設置には成功したものの、どうやってもフィードを更新してくれなくて、使用を断念したが、他によさげなアグリゲーターがないか、😎 Awesome lists about all kinds of interesting topics で探したところ、Newspipe が使いやすそうだったので、これをインストールしてみた。 結果から言うと、丸二日かかって稼働に成功。やったね!😁 まず、Python 3.7 以上が必要だが、Debian 9 (Stretch) に入っているのは、3.5。ということで、ソースからインストールする。現時点での最新版は、3.7.3。 最初に、前提となるパッケージをインストールしておく。 sudo apt install -y build-essential python-dev python-setuptools python-pip python-smbus libssl-dev libffi-dev zlib1g-dev libreadline-gplv2-dev libsqlite3-dev libbz2-dev libncursesw5-dev libgdbm-dev liblzma-dev uuid-dev tk-dev zlibc libpq-dev libmariadbclient-dev sudo apt install -y apache2-dev sudo pip install pipenv 次に、適当なところでアーカイブを展開し、以下を実行する。 ./configure --enable-shared --enable-optimizations make sudo make altinstall sudo ldconfig –enable-shared オプションって推奨されてないんじゃないの?と思う人もいるかも知れませんが、mod_wsgi に共有ライブラリが必要なので、指定せざるを得ません。最後の ldconfig は、Python 共有ライブラリを認識させるためのおまじない。やっておかないと実行時にエラーが起きます。 Python がインストールできたら、PostgreSQL も必要なので、インストールしておく。うちは、別インスタンスにインストール済みなので、パス。いずれにせよ、データベースを作成しておく。
Read more

Feedbin のインストール

結果的に、動作しなかったが、勿体ないので、記事は残しておく。 ニュースサイトの閲覧に、サーバー設置型であるニュースフィーダーの Fever を使っているのだが、ディスコンになってしまって、乗り換え先を探していたところ、オープンソースで公開されている Freebin がよさげだったので、Debian GNU/Linux 9 Stretch にインストールしてみた。Feedbin に月 $5 払えば、インストールなどいらないのだが、ドキュメントに書かれていない設定が多数あって、試行錯誤に丸一日費やしたので、どこかに残しておかないと勿体なかったというのもある。😁 まず、Stripe.com のアカウントが必要なので、サインアップする。 ダッシュボードの「テスト API キーの取得」に、公開可能キーとシークレットキーがあるので、これをいったんコピーしておく。 次に、サイドバーの Billing → 商品から、商品を 9 種類追加する。商品ごとの料金プランで、API ID に以下の値をひとつずつ設定する。面倒だが、Stripe.com に該当の API ID を持つ商品(料金プラン)がないとエラーになるので、頑張って設定する。 basic-monthly basic-yearly basic-monthly-2 basic-yearly-2 basic-monthly-3 basic-yearly-3 free timed trial 設定が終わったら、インストール作業に入る。まず、Feedbin を実行するユーザーを作成する。 sudo useradd -m feedbin 実行には、memcahed、elasticsearch、ruby が必要なので、インストールする。ただし、システムデフォルトの ruby は、バージョンが古い (2.3) ので、rvm から必要なバージョンを導入しなくてはならない。(無論、rbenv から導入してもよい) sudo apt install dirmngr sudo apt install apt-transport-https sudo apt install curl sudo apt install memcached sudo apt install -t stretch-backports redis sudo gpg --recv-keys 409B6B1796C275462A1703113804BB82D39DC0E37D2BAF1CF37B13E2069D6956105BD0E739499BDB curl -sSL https://get.
Read more

小槌をインストールしてみた

サーバーインストール型の家計簿があるのを見つけて、インストールしてみたので、手順を備忘録として残しておく。家計簿ソフトの名前は、小槌 (GitHub リポジトリ) まず、node.js をインストール curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_10.x | sudo -E bash - sudo apt install -y nodejs 続けて、ruby その他をインストール sudo apt install -y ruby ruby-dev build-essential zlib1g-dev MySQL/MariaDB のライブラリをインストール sudo apt install libmysqlclient-dev または、 sudo apt install libmariadbclient-dev-compat Debian 9 stretch デフォルトの gem はバージョンが低いので、アップデートする。 gem -v 2.5.2.1 sudo gem update --system (省略) gem -v 3.0.3 Bundler をインストール sudo gem install bundler GitHub から、ソースをクローン。 sudo git clone https://github.com/everyleaf/kozuchi.git Bundle を使って、必要なモジュールをインストール
Read more

Pydio Cells の隠し仕様

ファイル共有サーバーソフト、Pydio が、内容を一新、Go でスクラッチから書き直されて、Pydio Cells となった。 最近になって、更新のための時間が取れたので、インストールしてみた。ところ、このブログも乗っかってる専鯖上の VM には問題なくインストール完了。ところが、ストレージ目的で借りている VPS で、所謂ヌルポインタエラーが出た。フォーラムで質問しても解決しなかったが、うまくいったケースとそうでないケースを見比べて違いを埋めていった結果、Pydio Cells は、プライベート IP アドレスがないとセグメンテーションフォールトを起こす仕様になっていることがわかった。 ドキュメントのどこにも書いてないが、ソースではしっかりチェックされてて、確かにプライベートアドレスがないとエラーになる箇所があった。ところがそのエラーをチェックせずに実行を継続しているので所謂ぬるぽになっている。明らかなバグ。フォーラムで報告しておいた。 [2019/03/15 追記] バージョン 1.4 でこの問題が解決されていることを確認しました。

Mac にも「紙芝居クリエーター」を!

「紙芝居クリエーター」というのは、紙芝居動画、つまりよくギャルゲーなどでよく見かける、画面下部にセリフ枠があって、止め絵を次々に表示しながら文章を読ませる形式の動画を作成するアプリのことです。ニコニコでは、アイドルマスターの紙芝居動画のためのジャンルが確立しています。NovelsM@ster とか、im@s架空戦記シリーズとか。ストップモーションほど手がかからないし、比較的気軽に作り始めることができるので、案外、動画作成の入門に向いてるかも知れません。 で、まあ、この紙芝居動画を作成するアプリですが、Mac 用にもあるんですけど……。「絵解き帳」という二鏡Pが作られたアプリです。ただ、最後に更新されたのが、2012年1月ということで、丸三年更新されてなくて、素の Yosemite ではシーンの追加ができなくなってしまっているのです。OS の仕様変更が原因です。 最初は、これを手直しして、Yosemite でも動くようにして……と考えていたんですが、ビルド時に何十も警告が出て、それをいちいち調べながら修正していく手間と、不満点——同一のターゲットにエフェクトを多重にかけられない。そのせいでプラグインの作成がすごい手間——を鑑みて、自分で作ることにしました。 前から、Mac 用のアプリを作るつもりだったんですが、そのうち、そのうち、とずるずる引き延ばしてきていて、良い機会でもあるわけです。錆び付いてしまっているプログラミングの勘を取り戻すためにも頃合いの規模だと思いますし。Core Image とか、AV Foundation とか、名前だけ知ってて、何をどうするのかわかんない機能もちゃんと調べて実装できるくらいにはなりたいと思ってます。SpriteKit とかも使ってみたいし。OS X/iOS も次々に機能を追加しつつ、古い機能を削除して行ってるので、ついていくのは中々大変そうですが、それこそが、こういう仕事の面白みでもあるので、頑張ってみようかなぁと。 取りあえず、新年度までには形にしたいと思ってます。作りたい動画が止まってるので、それを作って気が済んだら、一般公開もするかも知れません。それはその時の気分次第で。:D しかし、Mac アプリを作ると決めたはいいものの、Apple が公開している資料くらいしかまともな資料がないというのはいかがなものか。iOS 向けの入門書はやたらと出てますが、ちょっと凝ったことをしようとすると、参考資料が絶無に等しい。 「絵解き帳」は、プラグインを Quartz Composer で作るようになっていて、私も初めて詳しく調べてみたんですが、滅茶苦茶面白いです。すごい簡単にグラフィカルなエフェクトが作れてしまう。ところがこれもほとんど資料がない。あってもバージョンが古すぎてほとんど役に立たないときます。VJ なんかではバリバリ使われてるらしいので、現役のツールなんですが、一般には馴染みがないんですかねー。Mac 持ってる人はぜひぜひ試して欲しい。本当に面白いくらい簡単に色んな事ができますから。Yosemite ではなぜか頻繁に落ちますが。 ところで、OpenGL なんかも避けて通れないみたいなんですけど、なんか良い入門書とかないですかね。床井研究室とか何度も読み返したりしてるんですが、シェーダープログラミングがいまいちよくわかりません。3D CG の基礎がないからかな。

新年プレゼント企画?

順番があべこべになりましたが、新年明けましておめでとうございます。本年もどうかひとつよろしくお願いします。 シェアウェアの翻訳をしたり、βテストに参加したりする関係で作者さんからライセンスを頂いたものがありますので、新年ということもありまして、これをプレゼントいたします。高いソフトはないですよ? Screens for iOS 1名様2名様 iPhone/iPad 向けの VNC クライアントです b.l.t.さんに贈呈いたしました Screens for Mac 2名様 VNC クライアントです。iOS 版と連携して Mac への接続を補助する機能があります CmdVees 1名様2名様 メニューに常駐するクリップボード管理ソフトです shuto_zeppelin さんに贈呈いたしました Bellhop 1名様 世界中のホテルの宿泊プランを検索することができます 抽選するほど読者はおりませんので(笑)、例によって早い者勝ちとさせて頂きます。

Mac The Ripper を購入/アップグレードする手順

今いちわかりにくいので、備忘録を兼ねてまとめてみました。 まず、このページを参照して開発者のメールアドレスを取得します。(2012/1/13時点では、Gordon Miller 氏の Gmail アドレスになっています) Paypal から、上記で取得したメールアドレス宛てに送金します。 Paypal の送信先にメールアドレスを入力します 金額は、新規にライセンスを購入する場合は、$40USD、アップグレードの場合は、$10USDです。 支払い種別はサービスを選択します。 支払い額を確定すると、メッセージの入力画面になりますが、Donation とか Donate という単語を含めてはいけません。Giftとすること、と開発者からお達しがあります。税務関係で揉めるんだとか。なので、件名には、”Support gift” などと入力すればよろしいでしょう。 ただし、最初の購入から1年以内でアップグレードとなった場合に限り、送金は必要ありません。 MTR 4 を起動します。 ライセンス登録/購入画面が表示されるので、I Need A License! をクリックします。 テンプレートが設定された Mail.app のメール作成画面が表示されるので、トランザクションID、金額、送金日を記入します。 Thank you For Registering The Application Please Complete And Send To The Developer. xxxxxxxx xxxxxxxx Has Requested A License On Friday, January XX, 20XX (XX:XX). Version No 4200. MTR4-000-X-999-X-999 PLEASE ENTER ALL YOUR DONATION PROOF(S) HERE - Transacton Number: 9999999999999999X Amount: $40.
Read more

iLocalize 4.0 翻訳修正

Arizona Software の iLocalize は私も愛用しているのですが、最近リリースされたバージョン 4.0 に誤訳が1カ所あるのを見つけました (お恥ずかしい…)。開発元には修正版を送付済みですが、次のリリースまでに間があるので、お待ちになれない方は、添付の Localizable.strings.zip をダウンロードして展開すると出てくる Localizable.strings ファイルを /Applications/iLocalizes/Contents/Resources/ja.lproj/Localizable.strings に上書きコピーして下さい。 iLocalize 4.0 日本語 Localizable.strings ファイル

Thoughts

本年最後の更新。かも。 Mac でノート作成といえば、Circus Ponies の Notebook が有名ですが、新しいノートアプリケーションが来年の1月に発売されます。開発は、green & slimy で、Thoughts というアプリケーションです。日本語ローカライズを担当したので、一足早くレポートをば。 起動すると、まずはウェルカムウィンドウが開きます。写真では英語ですが、正式版ではちゃんと日本語になりますのでご心配なく。^^; この画面には、ヘルプ表示やウェブサイトへのリンクがあるだけで、実際の操作はもうひとつ表示される「シェルフ (本棚)」ウィンドウから行います。 シェルフ (本棚) に表示されているのはもちろん「ブック (本)」ということで、ノートは基本的に「ブック」単位で管理します。ブックを開くと、 とこんなリングバインダーを模した入力/表示画面が表示されます。ノートはページ単位で作成し、ページごとにタイトル、作成日が設定可能です (ディフォルトのタイトルは「名称未設定」、日付はページ作成日になります)。文字はもちろん、画像を貼り付けることもできますし、ウェブやメールアドレス、ほかのページへのリンクを作成することもできます。例えば、 と、ご覧の通りです。 また、ノートをとるのは単に覚え書きというだけでなく、後に資料として活用する、学生さんならレポートとして提出するということがままあるものですが、Thoughts にはページ単位で、Rich テキスト文書や、PDF 文書、Word 文書、Open Office 文書にエクスポートする機能が標準で備わっており、少し見栄えを整えて、エクスポートすれば「提出相手の環境にあわせた形式」の資料がすぐでき上がるという優れものでもあるのです。これだけでも購入の価値があるのではと思うのですが、いかがでしょう。 2010年1月17日までに予約購入すると、プレオーダーバンドルということで、Yum (料理のレシピ管理ソフト)、Family (家系図作成ソフト) というソフトがついてきます。さらに、ブログか Twitter で一言宣伝すると、ResizeMe (画像のバッチ編集ソフト) がおまけにつきます。価格は、€24 です。ノート作成ソフトの購入をお考えでしたら是非どうぞ。