Management

Debian Stretch – GRUB 2 のバグ?

KVM のシリアルポート経由で、ブートメッセージをチェックするようにしているのだが、Debian Stretch をゲストにすると、なぜか GRUB 2 がシリアルコンソールにメニューを表示しない問題があった。 実用上さして気にするほどでもなかったので放置してたのだが、他のディストリビューション (CentOS 7, Ubuntu 16) ではちゃんと表示されるので、いっちょ修正するか、と手を出してみた。 結論。sid の GRUB 2 と入れ替えたら問題なく表示された。なぜ Stretch では直さないのかよくわからない。バックポートが難しいのだろうか。 使用しているスクリプトで kvm の起動待ちをしている部分が悪さをしていることがわかった。起動確認をしている間に grub メニューが表示されるため、シリアルコンソールに制御が移ったときには表示済みのため、一見表示されていないように見えただけだった。反省。

DragonFly BSD の IPv6 設定問題

なぜか、/etc/rc.conf に以下の設定をしても反映されない。 ipv6_enable="YES" ipv6_network_interfaces="vtnet0" ipv6_ifconfig_vtnet0="inet6 2001:470:d:461::7:1 prefixlen 64" ipv6_defaultrouter="2001:470:d:461::1" 仕方ないので、/etc/rc.local にコマンドを直書きしてごまかした。 #! /bin/sh ifconfig vtnet0 inet6 2001:470:d:461::7:1 prefixlen 64 alias<br /> route add -inet6 default 2001:470:d:461::1<br /> 解決法をご存じの方がいらしたら、ぜひコメントをお願いしたい。 追記。 メーリングリストで質問したら、ipv6_ifconfig_vtnet0 の設定がよくないと指摘された。 -ipv6_ifconfig_vtnet0="inet6 2001:470:d:461::7:1 prefixlen 64" +ipv6_ifconfig_vtnet0="2001:470:d:461::7:1" と、アドレスだけ指定するのが、DragonFly での作法とか。指摘してくれた、Aaron に感謝。

シリアルコンソール出力あれこれ

KVM で VM を起動するときにシリアルコンソールに起動情報が流れてくれたら起動の様子がわかって大変便利なので、その設定を追加。 1. Debian GNU/Linux /etc/defaults/grub を以下のように修正。 # If you change this file, run 'update-grub' afterwards to update # /boot/grub/grub.cfg. # For full documentation of the options in this file, see: # info -f grub -n 'Simple configuration' GRUB_DEFAULT=0 GRUB_TIMEOUT=5 GRUB_DISTRIBUTOR=`lsb_release -i -s 2> /dev/null || echo Debian` GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet" GRUB_CMDLINE_LINUX='console=tty0 console=ttyS0,115200n8' # Uncomment to enable BadRAM filtering, modify to suit your needs # This works with Linux (no patch required) and with any kernel that obtains # the memory map information from GRUB (GNU Mach, kernel of FreeBSD .
Read more

ちょっとした KVM サポートツール

そろそろよかろうと思って、サーバーを jessie に上げたら、Xen が起動しない。ホスティングサーバーの変更もあったので、思い切って仮想化基盤を KVM に変更……というか、回帰しました。 ところが、xen-tools のようなお手軽ツールがありません。いや、あることはあるのですが、古いバージョンにしか対応してなくて、しかも最近全くメンテされてない状態。 一応、昔気に入ってて、日本語翻訳までした Proxmox VE も見てみたのですが、えらく進化してしまって、機能てんこ盛りで、こんなんイラネ。VNC もセキュリティに気を遣うのはわかるんですが、ごく一部のクライアントしか対応してないプロトコルしか外に出さない=使いにくい Java クライアントとか、HTML 5 版のやっぱり使いにくいクライアントしか想定にないみたいで、愛想が尽きた。 まあ、イメージは素の状態から CD イメージとか、debootstrap とか使って作るので、VM の作成や削除の機能はいらないや。となると、VM の起動/停止が簡単にできればそれでいいんだけど……ないですね。そんなツール。 ということで、vmmaestro という名前だけは大層なシェルスクリプトをでっち上げました。GitHub にて絶賛公開中。一応、vhost-net とか、x-data-plane とかにも対応してます。

ATLASSIAN Starter License

ATLASSIAN が Starter License の販売を開始しました。この Starter License による売り上げは、Room to Read に全額寄付されます。前回のキャンペーンは期間限定でしたが、この Starter License の販売に期限はありません。いつでも購入可能です。 Starter License が適用される製品は、以下の通りです。 JIRA (10 ユーザ) … バグトラッキングシステム Confluence (10 ユーザ) … エンタープライズ Wiki システム GreenHopper (10 ユーザ) … プロジェクト管理システム Bamboo (10 ユーザ) … 継続的インテグレーションサーバ FishEye (10 コミッタ、5 リポジトリ) … リポジトリ管理システム Crowd (50 ユーザ) … シングルサインオンシステム 価格は、それぞれ $10 (JIRA と Confluence は**日本円 (1,000円)** でも購入できます) で、一年間の保守契約付き(新しいバージョンが出れば、1年間無料でアップデートできます。もちろんサポートもあります)。保守契約は、年 $10 (または 1,000円) で延長することが可能です。一度に最大 3年間延長することができますし、もちろんその後も、年 $10 (または 1,000円)で延長していけます。 各製品の特徴は以下の通り。
Read more

続・ATLASSIAN – Cash for Clunkers

Twitter で、ATLASSIAN のショーンが、うちのブログを紹介してくれました! Thank you, ショーン! で、英語で説明しにくかったら、ショーンに一声かければ、日本語でもいいよ! とのことです。ショーンの Twitter アカウントは、http://twitter.com/Sean_SF です! 締め切りは、10 月 2日。まだ猶予があります。奮ってご参加のほどを! 応募要領は、前のエントリをご覧ください。

ATLASSIAN – Cash for Clunkers

ATLASSIAN が、JIRA 4 発売 (10月発売予定) を記念して、またまたキャンペーンを行っています。前回は、JIRA と Confluence のチャリティ販売でしたが、今回は、Cash for Clunkers と銘打って、JIRA の 10 ユーザライセンスが無料で配布されます。(もしくは、JIRA 4 の 20% 引きクーポン) 申し込み方法はいたって簡単。Cash for Clunkers というページの Make the trade というボタンをクリック。すると、Select your JIRA 4 coupon というセクションと Share your story というセクションが表示されます。 Select your JIRA 4 coupon まずは、 Free 10-user license and migration assistance 20% off JIRA 4 and free migration assistance という選択肢から貰いたい方をチェックします。10 ユーザライセンスがよければ、”Free 10-user license…” の方をチェック (ディフォルトでチェックされています)。20% 引きクーポンがよければ下の “20% off JIRA 4…” をチェックします。
Read more

JIRA と Confluence

Atlassian が、一年間のサポートつきで、同社の製品、JIRA と Confluence を期間限定で、$5 USDで販売している。 JIRA は、エンタプライズユースのバグトラッカーシステム。 Confluence は、エンタープライズグレードの Wiki システム。 通常のコマーシャル価格を見ると、一番安い Teamエディションでも、$1,200 USDはするしろものです。それをチャリティ用のスターターエディション (5ユーザまで)とはいえ、$5ドルというのは太っ腹! こんなこと、日本のメーカーにはできんですなぁ。足下固まってるからできることなんでしょうね。うらやましい。 で、一応買いました。両方とも。だってそれでも $10 USD なんだもん。お客さんのバグ報告がダイレクトにわかる、Get Satisfiction! なんかの方がダイナミックでよいところも多いのですが、大抵は、問題があるぞー! ちょっと待って…うん、直った。ありがとー! じゃねー。的な応酬なんで、バグ記録という意味ではきちんとした資料にできるかというのがちょーっと不安で。でもオープンソースのはなぜか軒並み使いにくい…いやー。速攻で買いました。零細なので充分です。^^; どちらも Java で書かれてて、普通にインストールする分には何も悩むところはありません。ま、実際は、Apache + mod_mk でリクエストをリダイレクトして…とかして使うんでしょうけど、それもまあさほど悩むようなものでもない。本当、インストールガイド通り。 ただし、なぜか SSL ではまってしまいました。OpenSSL で作った秘密鍵をどうしてもキーストアに読み込もうとしない。もうね、あちこち調べて何時間もかけて、わからずじまい。サポートに聞くという手ももちろんあるんですが、どうせ Apache 通さないといけなかったので、諦めました。 で、mod_jk を導入して、ちょろっとリダイレクト設定すると、全く問題なくサイトが立ち上がりました。やー。既製品はこういうとこ楽やわー。後は、セットアップウィザードの指示に従って必要事項を埋めればインストール完了で、使えるようになりました。途中、意地になって、Tomcat のキーストアに OpenSSLの秘密鍵を読み込む方法を探し回ったりしなければ、確認と試運転入れても二時間ってとこでしょうか。まだこれから使い込んでいくんですが、表面をなでた感じでは、悪くないです。というか、しっかり作り込まれています。まあ、細かいことを言い出すときりがないんですが、認証のとこだけ SSL を通すことができるようになっててもよかったんじゃないかなぁと思うんですけどねぇ。ま、それは自前でシングルサインオンのプラグインを書けってことなんでしょうね。あるいはサードパーティのプラグインを買うか。でも $5 でいいのかなこれ。ってくらいきちんとしたソフトですよ。間違いなくお買い得。 ソフト開発のマネージメントが必要な人以外意味のないソフトですが、いる人にはいるものなので、見るだけ見てみてはいかがでしょう。なお、このキャンペーンは、五日間だけで、4/25 (多分、アメリカ東海岸時間だと思う) には終了しますので、お試しはお早めに。:)