Mail

Inboxen

Inboxen のインストールに嵌まったので、そのメモ。 といっても、Web 画面に辿り着くのは、簡単で、Postfix の設定に手こずった。 まずインストール/実行用のアカウント inboxen を作成し、pyenv で Python 3.9.0 をインストール。 pyenv install 3.9.0 リポジトリをクローン。 git clone https://github.com/Inboxen/Inboxen.git pip を実行。gunicorn もインストールする。 cd Inboxen pip install -r requirements.txt pip install gunicorn inboxen.config を作成する。 cp -i inboxen/config_defaults.yaml inboxen.config vi inboxen.config inboxen.config の内容は以下のようにした。 secret_key: "secret" admins: - - Koichi MATSUMOTO - mzch@example.com allowed_hosts: ['example.com','www.example.com'] cache: backend: "django.core.cache.backends.filebased.FileBasedCache" location: "inboxen_cache" timeout: 300 database: host: "127.0.0.1" name: "inboxen" password: "password" port: "5432" user: "inboxen" debug: false enable_registration: false inbox_length: 6 language_code: "en-gb" media_root: "media_content" per_user_email_quota: 0 ratelimits: inbox: count: 100 window: 1440 login: count: 5 window: 60 register: count: 5 window: 30 single_email: count: 100 window: 60 server_email: "no-reply@example.
Read more

続: Ptorx

昨日記事にあげた Ptorx だが、Nginx で妥協したのがモヤモヤするので、Apache でも構成してみた。 が、どうしても、Nginx の try_files ディレクティブと同等のことが、サイト設定だけでは完結せず、以下のような内容の .htaccess を web/dist/ accownt/web/dist ccashcow/web/dist yalcs/web/dist に配置せざるをえなかった。知識の乏しさに泣きそうになる。 <Files ".htaccess"> Require all denied </Files> RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f RewriteRule ^ index.html [L] その上でサイト設定は以下のようにした。 <VirtualHost *:80> ServerName example.com ServerAlias www.example.com RewriteEngine On RewriteCond %{SERVER_NAME} =www.example.com [OR] RewriteCond %{SERVER_NAME} =example.com RewriteRule ^ https://%{SERVER_NAME}%{REQUEST_URI} [END,NE,R=permanent] </VirtualHost> <IfModule mod_ssl.c> <VirtualHost *:443> ServerName example.com ServerAlias www.example.com ServerAdmin webmaster@example.com Include /etc/letsencrypt/options-ssl-apache.conf SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/example.com/fullchain.pem SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/example.
Read more

Ptorx

Ptorx は、メール転送サービスを構築できるサーバーアプリ。似たようなソフトに、SimpleLogin や、AnonAddy があるが、モダンなインターフェースが特徴。例によってインストールに手こずった。 最初、ウェブサーバーは、Apache でやろうとしたのだが、全然うまく動いてくれないので、まずはドキュメントに書かれている環境で試すべき、と考えて、Nginx が動いている鯖にインストールし直した。 ところが、ユーザー登録はまではこぎつけたものの、ログインできない。むろん、Issue で質問しまくったが、作者にも不明だった。 そこで、ソースをよく見てみると、なんと server/.env と accownt/server/.env (あと多分、ccashcow/server/.envも) で JWT_KEY の値を同じにしなくてはならないことが判明。そこを修正すれば、するっとログインできてしまった。 あと、production 環境では、メールの送信に sendmail コマンドを使っているが、少なくとも Postfix を入れている環境では、パスが指定されていないのでエラーになる。これは PR を送ってみた。 あと、From: ヘッダと Envelope-From が異なるので、iCloud といったサービスでは、DKIM チェックが unknown になってしまう。これは質問中。

Formspree

例によって例のごとく、ドキュメントが未整備なオープンソースアプリをインストールしたので、そのメモ。 Formspree は、静的サイトなどにメールフォームを設置するためのサーバーアプリケーションである。設置が面倒な方は、ホスティングサービスもあるので、そちらを利用された方がよいかと。 まず、Python をインストールする。Python は、個人的に pyenv を使うので、そのように。 git clone https://github.com/pyenv/pyenv.git ~/.pyenv .profile を編集して、以下を追記。 PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv" export PYENV_ROOT if [ -d "$PYENV_ROOT/bin" ] ; then PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH" eval "$(pyenv init -)" fi 前提ファイルをインストール sudo apt install build-essential libssl-dev zlib1g-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev curl llvm libncurses5-dev xz-utils tk-dev libxml2-dev libxmlsec1-dev libffi-dev liblzma-dev libmariadb-dev-compat libpq-dev Node.js もインストールしておく。 curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_10.x | sudo -E bash - sudo apt install -y nodejs Python をインストール。その後、pipenv をインストール。
Read more

Postfix, Dovecot and MySQL

Postfix と Dovecot を使って、メールサーバーを運用しているのだが、うちは構成が少し変則的で、メール送信サーバー (SMTP) とメール受信サーバー (IMAP/POP3) が分離している。最終的なメールの配送は Dovecot の LMTP デーモンに頼っているのだが、エイリアスにメールが配送されないという問題が発覚した。 別にバグでも何でもなく、ただの構成ミスである。Dovecot の仮想メールボックス機能を使ってメールアドレスを管理しているのだが、当初、Postfix の送信サーバーと Dovecot の受信サーバーは同居していたので、ローカルの配送は、Postfix の Virtual Transport に任せていた。この時点では、エイリアスの処理も問題なかった。 最近、サーバーの移転を行ったのにあわせて、送信サーバーと受信サーバーの分離を行ったのだが、これは、ローカル配送に Dovecot の LMTP デーモンが使えることがわかったからである。で、何も考えずに移行して嵌まった、と。 アドレス管理のバックエンドに MySQL を使い、PostfixAdmin で Web から管理していたのだが、それ自体はまあついで。問題は、LMTP に配送を移したことで、Postfix の Virtual Transport が解釈されなくなってしまったことにある。別ソフトなんだから、当たり前ですな。そのため、MySQL で管理していたエイリアス情報が参照されなくなってしまい、__未達__になっていた、と。 多分、色んな解決法があるんでしょうけど、バックエンドに MySQL を使っている私の場合は、Dovecot のユーザー情報取得部分に手を入れることで、部分的に解決した。具体的には、ユーザー情報を MySQL から取得するクエリー文を以下のように修正しただけ。 user_query = SELECT concat('/var/mail/', maildir) as mail, concat('*:bytes=', quota) as quota_rule, 998 as uid, 8 as gid FROM mailbox WHERE active = '1' AND username = (SELECT goto FROM alias WHERE (address = '%u' AND alias.
Read more